みんなの体験談を一挙紹介

ストレッチのススメ

日々の生活で少しだけストレッチを意識してみると、意外と運動になります。

stretch

ストレッチというとスポーツをする前や後に行うイメージが強く、スポーツ選手が準備運動のためにやっているという認識の方も多いと思います。

もちろんスポーツ選手が怪我予防やパフォーマンス向上のためにやっているのは事実です。

これを運動不足になりがちなサラリーマンや主婦の方が実践すると、激しい運動ではありませんが普段使わない筋肉を伸ばし、その筋肉に刺激を与え、良い運動になるのです。

前屈したり、アキレス腱を伸ばしたり、手首足首を回したり、簡単にできるストレッチがたくさんあります。

また、ストレッチをすることによるメリットもたくさんあります。

例えば、デスクワークをしているサラリーマンであれば、肩を回して筋肉の緊張をほぐし、体をねじって体側を伸ばします。

これを休憩時間など利用して実践すると肩こりが軽減されたり、良い姿勢保つことができるようになります。ストレッチを続けていくことで筋肉はほぐれ、柔軟になります。体が柔軟であると、疲労も溜まりにくくなります。

ストレッチは筋肉が温まっている状態で行うと、より効果があります。そのため、散歩の後やお風呂上がりに行うことをおすすめします。

筋肉はゆっくり伸びていくものなので、ひとつの部位に対して20~30秒かけて伸ばすとよいでしょう。

呼吸は大きく吸って、吐いて、止めないようにしましょう。反動をつける必要はありません。少し痛いと思うくらいでキープしてください。

また、床に置いてあるものを拾うときに、膝を曲げずに前屈姿勢になって拾ってみると腿の裏の筋肉が伸ばせたり、あぐらをかく代わりに足の裏同士をくっつけて座ってみると股関節がストレッチできたり、日常生活で意識すると簡単にできることが多いのです。

ランニングやウォーキングは時間がかかるし、続かないという方は、まずストレッチから始めてみることをオススメします。